できもののような…
イスノキハコタマフシ



                                      (2013.6.3:七ツ岳)


★分布:本州、九州、屋久島   ★できる樹木:イスノキ   
★形成者:イスノアキアブラムシ(学名Dinipponaphis autumna

様々な虫こぶができやすいイスノキ。その葉に高確率で見られる虫こぶの
ひとつです。赤みを帯びて目立つことも多く、無数のブツブツが葉にできた
ようすは、人によっては、できもののように見えて気持ちが悪いかもしれま
せん。イスノアキアブラムシというアブラムシが寄生した結果です。

大きさは直径5ミリ、長さは8ミリほど。葉を貫いたかのように、表と裏側に
盛り上がります。



名前はイスノキにできるガタ(小型)のタマ(球)状のフシ(虫こぶ
を表す言葉)という意味。


                         (2013.5.10:旧福江市・城山神社)

姿も名前もよく似たイスノキハタマフシという種類もありますが、こちらの
ほうが葉の裏側に長く張り出すということで、これはイスノキハ「コ」タマフ
シであると判断します。



12月頃、表側の先端が割れて羽のあるアブラムシの成虫が出てくるそう
です。メスだけが越冬し(オスは短命なのでしょう)、3月頃にイスノキの芽
に産卵します。


                                (2013.6.3:七ツ岳)

イスノキは島内の神社にもよく植えられていますが、そうした場所でも多く
のイスノキにこれが見られます。見れば一発でわかりますので、気持ち悪
くない方は一度どうぞ。
(2016.2.6)                          


参考資料  「虫こぶハンドブック」  文一総合出版

※一覧に戻る