福江島の両生類(現在9種)

※画像をクリックすると拡大写真とコラムのページに移動します


カエルの仲間
従来、五島列島ではカエルを「ばっぷ(福江島など五島南部)」あるいは「どんく(中通島など北部)」
などと呼んできました。

福江島ではこれまで、ニホンアマガエル、カジカガエル、シュレーゲルアオガエル、タゴガエル、
ツチガエル、ウシガエル、ヌマガエル、ニホンヒキガエルの8種が記録されています。
ウシガエルは北米原産の外来種で、現在は外来生物法による「特定外来生物」に指定されて
います。ニホンヒキガエルは、以前の調査記録や聞き取りから過去に生息していたことは確実と
思われますが、2016年現在の福江島では確認できていません。姿を見なくなった理由は不明です。
福江島では行方不明ですが、五島列島の他の島、例えば若松島や中通島には今も生息しています。

ニホンアマガエル
改訂2016
カジカガエル
改訂2016
タゴガエル
改訂2016
ウシガエル ツチガエル
ヌマガエル  シュレーゲルアオガエル

イモリ・サンショウウオの仲間
福江島(五島列島)にはアカハライモリ、カスミサンショウウオのみが生息します。

アカハライモリ  カスミサンショウウオ