長崎・五島列島 福江島の博物誌 五島の海の生きものたち
棘皮(きょくひ)動物の仲間たち(現在23種)
※ここにはウニやヒトデ、ナマコやウミシダなどが入ります。

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


★最近追加したもの(半年以内ぐらい)

ニホンクモヒトデ5.10 ヤツデスナヒトデ3.12



(以下、掲載全種)

ヒトデの仲間
ダイビング中によく見るのはアカヒトデでしょうか。日本最大のヒトデのひとつ、オオアカヒトデなど
も見られます。

ヤツデスナヒトデ イトマキヒトデ オニヒトデ アカヒトデ ニセアカヒトデ
オオアカヒトデ ホウキボシの仲間 オオシマヒメヒトデ ヒトデの一種 モミジガイ


クモヒトデの仲間
ヒトデになんとなく似ているものの、実はヒトデとは全く異なるグループです。海中の石の下に
潜んでいたりします。

ニホンクモヒトデ5.10



ウニの仲間
磯ではムラサキウニやガンガゼ、ツマジロナガウニなどがよく見られます。1970年代頃には磯の
石の下にバフンウニがたくさん見られましたが、最近では姿が見えない気がします。

ガンガゼ ラッパウニ イイジマフクロウニ ツマジロナガウニ タワシウニ
コシダカウニ ノコギリウニ タコノマクラ ウニの一種


ナマコの仲間
冬から春にかけて五島の食卓に並ぶのはマナマコ。ダイビング中にはトラフナマコも多く
目にします。別欄で紹介していますが、五島の磯でよく目にする黒いナマコはニセクロナマコです。
また、磯の岩をひっくり返すと小型種のムラサキクルマナマコがよく群れています。

マナマコ アカオニナマコ トラフナマコ