長崎・五島列島 福江島の博物誌-福江島の爬虫類・両生類
福江島の爬虫類
(現在16種)


ヘビの仲間
福江島の陸上ではシマヘビ、アオダイショウ、マムシ、ジムグリ、シロマダラ、
ヒバカリ、ヤマカガシの7種が記録されているほか、近海ではセグロウミヘビなどが
漁網にかかることがあるようです。

ジムグリ
改訂2016
シロマダラ
改訂2016
ニホンマムシ ヤマカガシ アオダイショウ ヒバカリ
改訂2016
シマヘビ


トカゲ・ヤモリの仲間

福江島ではニホンカナヘビとニホントカゲの2種類のトカゲに加え、
ニホンヤモリとニシヤモリ、2種のヤモリの生息が知られています。ニシヤモリは長ア県を中心とした
九州西部の海岸に生息する種類です。

ニホンカナヘビ ニホントカゲ ニホンヤモリ  ニシヤモリ


カメの仲間

淡水にすむカメではニホンイシガメ、クサガメ、ニホンスッポンと外来種のアカミミガメが生息します。
ニホンスッポンとは書きましたが、過去の五島にはいなかった可能性も高いと考えています。島内
ではある時期から数カ所でスッポンの養殖が行われており、それ以前は見たことがないという話を
聞いています。私自身も、子ども時代に見た記憶がありません。

ニホンイシガメ ニホンスッポン クサガメ アカミミガメ

海ではアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイが見られ、まれにオサガメが見られる
こともあるようです。

アオウミガメ3.29