刺胞(しほう)動物の仲間たち(現在13種)

※刺胞という、刺す細胞を持っている生きものたち。イソギンチャクやクラゲなどです。
このHPでは別項で扱っているサンゴ類も刺胞動物です。

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


★最近更新したもの

オウギウミヒドラ3.12 クダウミヒドラ科の一種3.12

(以下は掲載全種)

イソギンチャクの仲間(現在7種)

スナイソギンチャク アジサイイソギンチャク サンゴイソギンチャク グビジンイソギンチャク ウデナガウンバチ
オヨギイソギンチャク ハナイソギンチャクモドキ

ハナギンチャクの仲間など(現在1種)
イソギンチャクに似た姿ですが、体のつくりは異なる部分が多い動物たち。
ハナギンチャク類は、管をつくってその中にすんでいます。

ムラサキハナギンチャク

クラゲとその類(現在3種)
いろいろ見られると思いますが、あまり撮影できていません。
五島では毒の強いクラゲが盆過ぎに現れ、イラと呼ばれて恐れられますが、
正体はアンドンクラゲです。

ギンカクラゲ タコクラゲ ボウズニラ科の一種


ヒドロ虫(ちゅう)の仲間
ヒドロ虫(ちゅう)の仲間は一般人に限らず、ダイバーでも知らない人が多い
グループです。多数の小さな個体が集まった群体となって生活しているもの
が多く見られるほか、海底にくっついて暮らす時期とクラゲとして浮遊生活を
する時期を持つものが多勢を占めます。かなり不思議な生きものです。

オウギウミヒドラ3.12 クダウミヒドラ科の一種3.12