長崎・五島列島 福江島の博物誌〜知られざる五島の海〜
五島の海のエビ・カニ・ヤドカリ類
(現在28種)

※写真をクリックすると、拡大写真とコラムのページに移動します。


★エビ類@(岩場や砂地などにすむもの)          

潮だまりで子どもたちにも簡単に採れるイソスジエビ。サラサエビ類は岩陰に潜み、夜になると
出てきます。イセエビは、五島近海が国内の主要な産卵場になっています。

イソスジエビ イセエビ サラサエビ サンゴサラサエビ アカシマシラヒゲエビ
オトヒメエビ4.20 ウチワエビ フリソデエビ


★エビ類A(イソギンチャクやサンゴ、ウニなどを住みかにするもの)

ダイビングをしないと見るのは難しいですが、小型のエビの仲間にはイソギンチャクやサンゴ、
ウニなど別の生きものの体について暮らしているものが非常に多くいます。姿もユニークで美しい
ものが多く、ダイバーには人気があります。

アカホシカクレエビ オドリカクレエビ ビイドロカクレエビ ザリイソギンチャクエビ ガンガゼカクレエビ
ヒトデヤドリエビ ウミシダヤドリエビ ザラカイメンカクレエビ ビシャモンエビ ムチカラマツエビ


★カニ類@
(磯や潮だまり、砂浜などで観察できるもの)

潮だまりや磯ではヒライソガニ、フタバカクガニ、オウギガニ類やベニツケガニをよく見ます。
全体が毛に覆われたケブカガニも、探せばたくさん見つかります。海水浴場では、砂地に潜る
キンセンガニが目につきます。

ベニツケガニ キンセンガニ ケブカガニ スベスベマンジュウガニ

★カニ類A(ダイビングすると観察しやすいもの)

ダインビングをすると、より多くのカニ類を観察できます。サンゴのすきまで暮らすサンゴガニ
類や、ウニに潜むゼブラガニなど、興味深い種類が少なくありません。

ゼブラガニ イボイソバナガニ
サンゴガニ キモガニ ヒメオウギガニ ベニオウギガニ


※トップページに戻る