メニュー

42. 2016年のまとめ 2016.12.24
41. 3年ぶりの現状報告 2016.4.3
40. 残念ながら 2013.6.21
39. いったい、何が起こったというのか?
2013.6.2
38. 池にマツカサガイを入れる 2013.5.10
37.子どもたちのアブラボテ放流会 2013春 2013.3.18
36. 2カ所の池と、奇跡
12.8.24
35. 100匹の里帰り、そして佐世保でも12.8.24
34. 魚は戻りつつあるA川だが…12.5.15
33. Miyabi氏こと水谷雅之氏を追悼する12.5.15
32. 北九州報告ほか2012年事始め12.2.15
31. 2011年の大きな成果11.11.3
30. 鐙瀬生まれの稚魚たちと
  縁の下の個人たち
11.8.22  
29. 22匹の子どもたち
11.7.8
28. 福江マツカサガイの現状2011
11.7.8
27. 稚魚の浮上、そして謎
11.6.3
26 大量死から半年のA川を歩く11.5.28
25, 私的検証・A川の大量死事件11.5.18
24. 福江アブラボテ、海を渡る11.5.18
23. 初の人工授精に挑戦11.5.18
22. 再訪・神奈川県の水産試験場11.4.19
21. 県へ出した要望書11.2.20
20.A川アブラボテは全滅か11.2.6
19. 2010春の福江島アブラボテ事情10.4.4
18. あせらず ゆっくりと09.8.31
17. A川にてマツカサガイ発見!09.7.25
16. アブラボテ「準絶滅危惧」指定に思う09.6.6
15. 福江産アブラボテ初の水槽内繁殖09.6.6
14. 08年最後の採集と捜索報告08.9.30
13. 救えるもの、救えないもの08.9.16
12. A川工事の前に08.9.13
11. 急展開…B川でアブラボテ再発見08.9.10
10. NO ANSER(応答なし/協議中08.8.25
9. あとは地元次第なのですが…08.8.15
8. 生息数200前後か
08.8.15
7. 神奈川の水産試験場訪問
6. 福江アブラボテ史・暫定年表
5. 拝啓 アブラボテ様(08.5)
4. アブラボテは生きていた!(08.5)

3. 第一次捜索では発見できず(2008.4.13)
2. やはりB川では絶滅していた
2008.3.2
1. 福江島のアブラボテ 2007.3.2


※博物誌トップに戻る