五島列島・福江島の博物誌〜福江島の虫たち
トンボの仲間(現在43種)

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


トンボは世界に約6000種類が知られているそうです。
2012年発行の「ネイチャーガイド 日本のトンボ(文一総合出版」)」によれば、
日本では葯200種が記録されています。では五島ではどうかというと、これまで
南方や大陸からの飛来種を含めておよそ55種が記録されているようです。


★最近追加したもの(およそ半年以内)

ホソミイトトンボ9.17 アオビタイトンボ9.5 ミルンヤンマ8.5


(以下、掲載種すべて)

オニヤンマ科の仲間
日本最大のトンボであるオニヤンマは島内各所で数多く目にします。

オニヤンマ

ヤンマ科の仲間
福江島ではこれまで、ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ、コシボソヤンマ、ミルンヤンマ、
カトリヤンマ、マルタンヤンマ、ヤブヤンマ、サラサヤンマの生息が知られているほか、
季節風に乗ってオオギンヤンマも飛来します。ネアカヨシヤンマは最近になって生息が
確認されました。現状で10種ほど記録されているようです。

 ギンヤンマ クロスジギンヤンマ オオギンヤンマ カトリヤンマ ネアカヨシヤンマ
ミルンヤンマ

アオイトトンボ科の仲間
福江島ではアオイトトンボ、ホソミオツネントンボの2種が記録されています。アオイトトンボは
一度撮影していますが、その後何年も出会えていません。減っている可能性があります。

ホソミオツネントンボ

モノサシトンボ科の仲間
モノサシトンボのみ確認されています。

モノサシトンボ

イトトンボ科の仲間
アオモンイトトンボ、キイトトンボ、ベニイトトンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボ、オオイトトンボ、
ムスジイトトンボ、コフキヒメイトトンボ、ホソミイトトンボ、アジアイトトンボの計10種が記録されて
います。

アオモンイトトンボ キイトトンボ ベニイトトンボ クロイトトンボ オオイトトンボ
 
アジアイトトンボ コフキヒメイトトンボ ホソミイトトンボ9.17  


ヤマトンボ科の仲間
福江島ではこれまで、オオヤマトンボとコヤマトンボの2種類が記録されています。

コヤマトンボ


カワトンボ科の仲間
川の上流・中流付近で多く見られるアサヒナカワトンボやミヤマカワトンボ、そして
人の居住地付近にも多く見られるハグロトンボの計3種が生息しています。

ハグロトンボ アサヒナカワトンボ ミヤマカワトンボ

サナエトンボ科の仲間
この仲間ではコオニヤンマ、ウチワヤンマ、タイワンウチワヤンマ、ダビドサナエ、
オジロサナエなどが記録されています。

コオニヤンマ ヤマサナエ ウチワヤンマ タイワンウチワヤンマ

トンボ科の仲間
おなじみのシオカラトンボをはじめ、チョウトンボ、ハラビロトンボ、コシアキトンボ、コフキトンボ、
ショウジョウトンボが普通に見られます。ウスバキトンボも毎年大量に飛来・一時発生を繰り返し
ているほか、ハネビロトンボも毎年飛来します。南から北上中のアオビタイトンボも記録されています。

オオシオカラトンボ ハラビロトンボ ショウジョウトンボ シオヤトンボ チョウトンボ
シオカラトンボ ウスバキトンボ  コシアキトンボ ハネビロトンボ アオビタイトンボ9.5

いわゆるアカトンボ(これもトンボ科)の仲間
アカトンボの仲間では、島内でいちばん多く見られるのがマユタテアカネ。このほかリスアカネ、
コノシメトンボ、ナツアカネ、アキアカネ、タイリクアカネ、マイコアカネ、ネキトンボが生息します。
スナアカネも大陸から季節風に乗って姿を見せます。同じく大陸系のオナガアカネも最近記録されました。

マユタテアカネ コノシメトンボ ネキトンボ  リスアカネ スナアカネ
 ナツアカネ タイリクアカネ マイコアカネ