五島列島・福江島の博物誌〜福江島の虫たち
福江で見られるチョウ
(現在53種)

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


長崎県生物学会誌No65(2009年6月号)によれば、五島列島では72種類のチョウが
記録されているということです。そのうち、従来から島内で繁殖している土着の種類は
55種類。17種がどこかから飛来した迷蝶です。日本全体では250種弱のようですから、
その3割ほどが見られる(記録がある)ことになります。


★最近追加したもの(半年以内)

ウラナミシジミ12.5 タイワンツバメシジミ10.21 ナガサキアゲハ10.5 モンキチョウ10.5



(※以下は掲載種の全て)

アゲハチョウの仲間
アゲハ・キアゲハのほか、モンキアゲハ、ジャコウアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、カラス
アゲハ、アオスジアゲハの8種が繁殖しています。このほか、シロオビアゲハなど南方系の
アゲハがまれに飛来します。

アゲハ キアゲハ モンキアゲハ ジャコウアゲハ カラスアゲハ
ナガサキアゲハ アオスジアゲハ シロオビアゲハ

タテハチョウの仲間@
アカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモンのほかルリタテハ、イシガケチョウ、テングチョウなど、
およそ20種が生息しています。夏から秋にかけてはメスアカムラサキ、リュウキュウムラサキなど
南方のタテハチョウが飛来します。

メスグロヒョウモン ツマグロヒョウモン メスアカムラサキ リュウキュウムラサキ タテハモドキ
コミスジ キタテハ アオタテハモドキ テングチョウ
ルリタテハ スミナガシ ゴマダラチョウ イシガケチョウ ヒメアカタテハ

タテハチョウの仲間A(マダラチョウ類・ジャノメチョウ類)
アサギマダラは長距離を移動することで知られ、島内でもよく見かけます。ジャノメチョウ類は草地
やヤブなどで見られ、羽には特徴的な蛇の目模様があるものが多いです。

アサギマダラ スジグロカバマダラ カバマダラ クロコノマチョウ ヒメウラナミジャノメ
ヒメジャノメ ウラナミジャノメ  ジャノメチョウ

シロチョウの仲間
シロチョウ類では、モンシロチョウやキタキチョウ、モンキチョウのほか、ツマグロキチョウ、ツマキ
チョウなど6種類(ほかに迷蝶が数種記録あり)が見られます。スジグロシロチョウも生息している
ことになっていて、島内のビジターセンターにも標本がありますが、私は島内でまだ一度も出会え
ていません。

モンシロチョウ モンキチョウ キタキチョウ ツマキチョウ ツマグロキチョウ

セセリチョウの仲間
セセリチョウの仲間はイチモンジセセリやダイミョウセセリ、アオバセセリなど7種が記録されています。
私自身は島内でダイミョウセセリを見たことはありません。

ホソバセセリ イチモンジセセリ クロセセリ  アオバセセリ キマダラセセリ


シジミチョウの仲間
ヤマトシジミやベニシジミなどをはじめ、14種が生息しているとされます。この他に、南からやって
くる迷蝶が3種類ほど記録されていますが、この中で近年各地で記録されているクロマダラソテツ
シジミは現在、すっかり普通に見られるようになっています。

ヤマトシジミ ベニシジミ ルリシジミ アマミウラナミシジミ クロツバメシジミ
クロマダラソテツシジミ ムラサキシジミ ツバメシジミ  サツマシジミ ウラギンシジミ
ムラサキツバメ タイワンツバメシジミ