五島列島 福江島の博物誌〜福江島の植物
シダの仲間(現在20種)


五島列島にはかなり多様なシダがあるようです。2015年に発行された「長ア県植物誌(中西弘樹)」
をもとに集計してみた結果、150種類を越えるシダが分布していると思われます。

★最近半年以内に追加したもの

 
ゼンマイ8.5   カタヒバ7.9  ウチワゴケ7.9 シシラン7.9



(以下、掲載種のすべて)
ヒカゲノカズラ科の仲間
針葉樹をミニチュアにしたような、変わった外観のものが多いグループ。
トウゲシバやミズスギ、ヒカゲノカズラは普通に見られ、ナンカクランも過去に記録があります。

トウゲシバ

イワヒバ科の仲間
小さく、一風変わった姿をしたものが多く見られます。カタヒバやイワヒバのほか、
タチクラマゴケ、ヒメタチクラマゴケが記録されています。外来種のコンテリクラマゴケに
ついては、五島にあるのか現時点では情報がありません。

カタヒバ7.9 タチクラマゴケ ヒメタチクラマゴケ


ハナヤスリ科の仲間
独特の姿やユニークな名前のものが多い。よく目にするフユノハナワラビのほか、
シダに見えないハナヤスリ類がいくつか見られます。

フユノハナワラビ

トクサ科の仲間
ツクシとして知られるスギナが分布します。

 スギナ

リュウビンタイ科の仲間
葉の長さ2m以上にもなる亜熱帯性のシダ、リュウビンタイが見られます。

リュウビンタイ

ゼンマイ科の仲間
よく知られたゼンマイが普通にみられるほか、湿地にみられるヤマドリゼンマイと
シロヤマゼンマイの記録があります。

 ゼンマイ8.5

コケシノブ科の仲間
山地の岩や木の幹などに生える小さなシダ類で、コケのように見える姿を
しているものが多いです。五島ではアオホラゴケ、ウチワゴケ、コウヤコケシノブ、
ホソバコケシノブ、キヨスミコケシノブ、コケシノブ、ツルホラゴケ、ハイホラゴケが
記録されています。

ウチワゴケ7.9

ウラジロ科の仲間
ウラジロとコシダがごく普通に見られます。

ウラジロ コシダ


コバノイシカグマ科の仲間
おなじみのワラビはこのグループ。このほかに五島では数種類が
見られるようです。

ワラビ

カニクサ科の仲間
カニクサ一種のみが見られます。風変わりなつる性のシダです。

カニクサ

サンショウモ科の仲間
アメリカ原産の外来種アゾラ・クリスタータが一部で増え、懸念されています。
池などの水面に浮いて生活する浮き草的なシダの仲間です。

アゾラ・クリスタータ

ヘゴ科の仲間
亜熱帯性で高さ4m以上にもなる、ヤシのような姿のヘゴが分布します。五島の年配者
はこれを「オニヘゴ」と呼ぶのが普通で、「ヘゴ」というと普通のシダ類と解釈されることが
多いです。

ヘゴ

イノモトソウ科の仲間
石垣や寺社の境内などに多いイノモトソウをはじめ、大型になるナチシダ、アマクサシダ、
シシラン(→以前はシシラン科)などが見られます。

シシラン7.9

イワデンダ科の仲間
渓流の川岸など湿ったところに群生するヘラシダほか、20種類ほどが五島で
見られるようです。

ヘラシダ

シシガシラ科の仲間
五島ではシシガシラ、オオカグマ、コモチシダ、ハチジョウカグマの記録があります。

 
 

ウラボシ科の仲間
石垣や木に生えるノキシノブやマメヅタなどのほか、オオイワヒトデやヒトツバなど
五島では12種類ほどが見られるようです。

ノキシノブ マメヅタ  ヒトツバ