長崎・五島列島 福江島の博物誌〜五島の海の生きものたち
海岸の生きものたち (現在45種)

ここでは、岩場海岸や潮だまり、砂浜や干潟などの海辺で見られる生きものを紹介します。
ダイビングなどをしなくても観察できる種類です。
写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


★最近追加したもの(半年以内)



(※ここから掲載種の全て)

甲殻類@(カニの仲間)
泥が多めの干潟ではヒメヤマトオサガニやチゴガニ、より砂っぽい浜ではコメツキガニ
やスナガニが多数見られます。ハクセンシオマネキは現在3カ所でのみ確認。

スナガニ チゴガニ コメツキガニ ハクセンシオマネキ フタバカクガニ
カクベンケイガニ ハマガニ ヒメヤマトオサガニ

甲殻類A(ヤドカリやカニダマシなどの仲間)
潮だまりではホンヤドカリやイソヨコバサミなどヤドカリの仲間が見られます。岩場の転石の
下ではイソカニダマシが多く見つかります。

イソカニダマシ

甲殻類B(フナムシなど)
五島ではアマメと呼ばれるフナムシなど。

フナムシ

甲殻類C(フジツボなど)
海岸の岩にくっついているフジツボやカメノテ。貝の仲間だと思っている人も少なくありませんが、
実際はエビやカニなどと同じ甲殻類です。食べるとエビカニ系の味がします。

クロフジツボ シロスジフジツボ イワフジツボ カメノテ

貝類@(巻き貝とその仲間)
磯や砂浜などで見かける身近な巻き貝の仲間。
殻を持たない巻き貝の仲間であるウミウシも、現状ではここにまとめます。
先で種類数が増えた時、もう少し細かく分ける予定です。

ベッコウガサ
ヨメガカサ アメフラシ ウノアシ キクノハナガイ カラマツガイ
ギンタカハマ アマオブネ アマガイ イシダタミ スガイ
ウミニナ マガキガイ マツバガイ オオヘビガイ フトヘナタリ
ドロアワモチ タマキビ アラレタマキビ ブドウガイ

貝類A(二枚貝)
アサリ類やハマグリの仲間をはじめ、カキ類などのグループです。

アコヤガイ マガキ


貝類B(ヒザラガイなどの仲間)
8枚に分かれた殻を持つヒザラガイの仲間。海岸の岩の表面や裏側などで見られます。

ヒザラガイ ケハダヒザラガイ


ホヤの仲間

マンジュウボヤ

イソギンチャクの仲間
潮だまりや岩の隙間にはヨロイイソギンチャクが多数見られるほか、ウメボシイソギンチャクや
タテジマイソギンチャクなどを確認しています。

タテジマイソギンチャク ミドリイソギンチャク ヨロイイソギンチャク


ナマコの仲間
ダイビングをしなくても、海岸で見られるナマコたちがいます。石の下にいるムラサキクルマナマコや、
潮だまりでも見られるニセクロナマコなど。

ムラサキクルマナマコ ニセクロナマコ

昆虫・クモ・ダニなどの仲間
海岸にも、意外に多様な虫の類が生きています。海浜性ハネカクシ(甲虫)や、海辺を好むクモや
ムカデ類も確認しています。

ヒメイソテングダニ