五島列島 福江島の博物誌〜福江島の植物
春の草花(現在166種)

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


★2017年3月以降に追加したもの(半年以内のもの)

オオサンショウソウ7.9 フキ6.24 タガラシ6.24 コウボウムギ6.8  コウボウシバ6.8
ギシギシ6.8 ヌカヅキヤツシロラン5.15 ムラサキツメクサ5.15 キノクニスゲ3.30 ネビキグサ3.8




(※ここから掲載種の全て)
キク科の仲間
人家そばや道ばた、田畑のまわりで普通に見られる種類がたくさんあります。タンポポなど陽当たりの
良い場所を好むものもあれば、サワオグルマなど湿ったところに生えるものも。5〜6月に道路沿いで
多く見られるオオキンケイギクは、美しいですが外来種です。日本の「外来生物法」で定められる特定
外来生物
として栽培などが禁じられています。駆除もされていないので、増えすぎが懸念されるところ。

シロバナタンポポ セイヨウタンポポ ニガナ オオジシバリ  ヒメジョオン 
オオキンケイギク  ハルノノゲシ ハハコグサ  チチコグサ ウラジロチチコグサ 
ノアザミ  キツネアザミ  オニタビラコ  フランスギク オカオグルマ
サワオグルマ フキ6.24

ゴマノハグサ科の仲間
道ばたで青い小花を咲かせるオオイヌノフグリなどのグループです。

 カワヂシャ オオイヌノフグリ タチイヌノフグリ フラサバソウ トキワハゼ 
マツバウンラン

アカバナ科の仲間
外来種のマツヨイグサが道ばたや空き地で見られ、同じく外来種のコマツヨイグサは海岸の砂浜
などでも少なくありません。

 マツヨイグサ コマツヨイグサ

バラ科の仲間
ヘビイチゴやヤブヘビイチゴをはじめ、鬼岳では希少なツチグリも多く見られます。花が似ている
ものが多いのですが、葉や実の形、生育環境などを手がかりに区別できます。

ヘビイチゴ ヤブヘビイチゴ ツチグリ キジムシロ

オオバコ科/トウダイグサ科の仲間
空き地や道ばたに多いオオバコの仲間。ツボミオオバコは外来種で、一部では驚くほど密生して
います。トウダイグサの仲間のイワタイゲキは鐙瀬(あぶんぜ)など海岸の岩場で出会えるでしょう。
ヤマアイは現在島内3カ所でのみ確認しています。

オオバコ ツボミオオバコ トウダイグサ イワタイゲキ ヤマアイ


シソ科の仲間
シソ科のグループも雑草として普通に見られ、花の色が紫系のものが多いような気がします。
ヤブチョロギは島内あちこちにはびこる外来種ですが、載っている図鑑が少ないので、島民で
名前を知っている人はほとんどいないと思われます。

ホトケノザ キランソウ ヤブチョロギ オドリコソウ カキドオシ
トウバナ ヒメキセワタ タツナミソウ ヒメオドリコソウ

スミレ科の仲間
区別するのが難しいスミレ類。福江にもいろいろ種類があると思われますが…。

スミレ タチツボスミレ ツボスミレ シハイスミレ


カタバミ科の仲間
カタバミは全国どこでも普通に見られる代表的雑草のひとつ。
レモンイエローが強烈なオオキバナカタバミと、赤紫が美しいムラサキカタバミは外来種です。

カタバミ アカカタバミ オオキバナカタバミ ムラサキカタバミ


マメ科の仲間
群生するものが多く、花の時期には見応えのあるものが少なくありません。ほとんどの種類は、
島内で普通に見られます。

カラスノエンドウ スズメノエンドウ カスマグサ ミヤコグサ ハマエンドウ
コメツブツメクサ シロツメクサ ムラサキツメクサ5.15 レンゲソウ ウマゴヤシ


ナデシコ科の仲間
白く小さな花を咲かせるハコベ類もこのグループになります。地味であまり気にする人はいませんが、
ナデシコ科と聞くと、見てみようという気になるでしょうか。
ゲンカイミミナグサは九州北部だけの種類。オランダミミナグサやオオツメクサは外来種です。

 ウシハコベ コハコベ ノミノフスマ ノミノツヅリ オランダミミナグサ
オオツメクサ ハマツメクサ ゲンカイミミナグサ


ケシ科の仲間
ユニークな花の形をしているものが多く見られます。福江でいちばん目につきやすいのはキケマンでしょうか。

キケマン ムラサキケマン ジロボウエンゴサク ナガミヒナゲシ


ベンケイソウ科の仲間
ベンケイソウ科に含まれるマンネングサ類は、土が少ない場所でも旺盛に生える生命力があります。
外来のものも、道ばたなどで目立ちます。

コモチマンネングサ メキシコマンネングサ 


キジカクシ科の仲間
ユリ科の分類が改められ、一部がキジカクシ科となりました。

キジカクシ アマドコロ ヒメイズイ

キンコウカ科の仲間
道ばたや土手などで多く見られるソクシンラン。かつてユリ科でしたが、キンコウカ科に
改められています。

ソクシンラン


アブラナ科の仲間
春の福江を黄色に染める菜の花はセイヨウアブラナ。島内の清流に多いオランダガラシはいわゆるクレソン。
地産地消の店で売られていることもあります。

 
セイヨウアブラナ ハマダイコン スカシタゴボウ ハマハタザオ オランダガラシ
タネツケバナ ナズナ   イヌガラシ マメグンバイナズナ


ラン科の仲間
島内の野生ランは、エビネなどのように盗掘されて激減したものがある一方、
一部の種類(盗掘されないもの)には、今も多産するものがあります。

 
ヌカヅキヤツシロラン ジガバチソウ ユウシュンラン キエビネ キンラン
ムヨウラン ウスキムヨウラン ヒメトケンラン マメヅタラン ニラバラン
ギンラン  シュンラン エビネ ヒメフタバラン シラン


アヤメ科の仲間
キショウブもニワゼキショウも外来種。林の縁で目にするシャガも古い時代に中国から…という話が
あります。紫色のアヤメ類も野外で見かけることがありますが、これが在来のものかどうか、現在は
まだ調べていません。ノハナショウブだったらいいのですが。

キショウブ ニワゼキショウ シャガ


キンポウゲ科の仲間
キンポウゲをはじめ、五島で見られる種類は黄色い花を持つものが多いです。その中でヒメウズは
下向きの小さな花をつけます。田畑近くでたくさん見られるわりには認知度がかなり低いようです。

キンポウゲ キツネノボタン ケキツネノボタン ヒメウズ


サトイモ科の仲間
林の中で、大きくて光沢のある三つ葉を広げるのはムサシアブミ。マムシグサともども、変わった花を
つけます。ボタンウキクサは外来種で、市内の六角井戸の中で一度見たきり。
その他、ナンゴクウラシマソウのほか、ヒメウラシマソウも記録されています。
南日本の一部に自生するヤマコンニャクは、長ア県では五島市にのみ記録されています。

ナンゴクウラシマソウ ヤマコンニャク
ムサシアブミ マムシグサ ボタンウキクサ マイヅルテンナンショウ
カラスビシャク


リンドウ科/サクラソウ科の仲間
鬼岳にも群生が多いフデリンドウ。コナスビは一度気がつくと意外に多いことがわかります。
ハマボッスは海岸に適応し、厚い葉を持っています。


フデリンドウ コナスビ ルリハコベ ハマボッス


セリ科の仲間
小花をたくさんつけ、群生することが多い。花は多くの昆虫でにぎわいます。

シャク ハマウド ハナウド


イネ科の仲間
地味ですが、種類は少なくなさそうです。

チガヤ セトガヤ カズノコグサ ヒメコバンソウ カモガヤ

カヤツリグサ科の仲間
これも地味なものが多いですが、多くの種類が見られるようです。

コウボウムギ  コウボウシバ ネビキグサ キノクニスゲ


ウマノスズクサ科の仲間
ウマノスズクサ科のうち、カンアオイの仲間は固有種フクエジマカンアオイと、
九州西部を中心に生えるウンゼンカンアオイが見られます。

ウンゼンカンアオイ

センリョウ科の仲間
ヒトリシズカとフタリシズカを確認していますが、限られた場所でのみ見られます。

 ヒトリシズカ フタリシズカ


フウロソウ科の仲間
外来種のアメリカフウロがあちこちで普通に見られる他、一部でヒメフウロ(外来種)を確認しています。
秋にはゲンノショウコがよく見られます。

 アメリカフウロ ヒメフウロ


タデ科の仲間
道ばたや空き地、農耕地でギシギシやスイバがよく目につきます。

ギシギシ スイバ

アカネ科の仲間
おなじみの雑草であるヤエムグラなど。

ヤエムグラ  ヨツバムグラ ヤマムグラ



その他の仲間
バイカイカリソウ、ユキノシタ、コキンバイザサなどは今のところ限られた場所でのみ
確認しています。ユキノシタなどは昔は人家近くでよく見られ、葉も食べられていたといいますが…。

オオサンショウソウ7.9
カナビキソウ コバンソウ スズメノヤリ トキワツユクサ セキショウ
バイカイカリソウ ヒナギキョウ ヒメハギ キュウリグサ タガラシ6.24
ハマヒルガオ スイセン ツルニチニチソウ ユキノシタ  コキンバイザサ
ツクシタニギキョウ ホタルカズラ イヨカズラ